キャッシュレスサービスの活用による集客効果について

今後の日本におけるキャッシュレス化

キャッシュレスサービスについて

基本的にキャッシュレスサービスとは、現金を持ち歩かずに所有する資金を利用できるサービス全般を指すものです。
枚数が多いと重たい硬貨はもちろん、紙であることから軽いものの、枚数がかさむとどうしてもかさ張る紙幣も持ち歩かずに商品やサービスを購入できるキャッシュレス決済を可能とする点が、キャッシュレスサービスの最大の特徴でしょう。

主なキャッシュレスサービスであるキャッシュレス決済ですが、キャッシュレス決済にも種類があります。
後払いサービスのクレジットカード、口座引き落としサービスであるデビットカード、入金することでチャージ可能なプリペイドカードや電子マネーといった既存のキャッシュレス決済に加え、近年はスマートフォンを用いてのQRコード決済が利用可能です。

現在の主要なキャッシュレスサービス

キャッシュレスサービスというと、近年、テレビやインターネットでも頻繁に広告され、日本でも政府として本格的に導入を試みている、スマートフォンにインストールされたアプリケーションによってQRコードを読み取る、QRコード決済を思い浮かべる方が大多数でしょう。
実はスマートフォンによるQRコード決済の出現以前から、日本においてもキャッシュレスサービスは導入されており、クレジットカードやデビットカードなどは、日本でもメジャーなキャッシュレスサービスと言えます。

また、クレジットカードやデビットカード以外にもプリペイドカードや電子マネーなど、様々なキャッシュレスサービスが存在しています。
いずれもキャッシュレスサービスの一種ですが、日本ではクレジットカードの利用が最も盛んです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ