キャッシュレスサービスの活用による集客効果について

キャッシュレスサービスのメリット・デメリット

キャッシュレスサービスのメリット

現金を持ち歩くことなく決済を可能とすることは、キャッシュレスサービスにおける大きなメリットの一つです。
キャッシュレスサービスのメリットはこれだけではなく、決済の簡略化による人件費の削減と人件費削減に伴う商品及びサービスの値引き、支払い時間の大幅な削減、割り勘の簡易化、観光客の両替が不要となるといったメリットが挙げられます。

特に、人件費の削減に高い効果が望め、会計の手間が大幅に省けるだけでなく、売上金の集計を行う必要もなくなります。
売上金を金庫に一時保管する必要も、売上金を預けるために売上金を持って金融機関に出向く必要もなくなるなど、店舗に売上金を置かずに済むことから、窃盗や強盗といった犯罪被害を抑制する効果が期待できるでしょう。

キャッシュレスサービスのデメリット

様々なメリットを持つキャッシュレスサービスは、利便性に優れているものの、当然ながらデメリットもあります。
キャッシュレスサービス共通のデメリットとして、利用に際し個人情報の登録が必要となるために生じる、個人情報の漏洩リスク、クレジットカードやデビットカードの場合では、カードからの個人情報の流出やカードの紛失に際しての窃盗リスクなどが挙げられるでしょう。

加えて、スマートフォンとアプリによるQRコード決済の場合、クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・電子マネーといった既存のキャッシュレスサービスよりも容易に利用できるものの、QRコード決済に対応した新手の詐欺が行われるなど、QRコード決済の市場が発展途上であるが故に、全く新しい手口の犯罪被害にあう恐れがあることも、キャッシュレスサービスのデメリットと言わざるを得ません。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ