キャッシュレスサービスの活用による集客効果について

新しいキャッシュレスサービスとキャッシュレスサービスの活用

新しいキャッシュレスサービス

キャッシュレスサービスの中でも、最も新しいQRコード決済を含む、スマートフォンとアプリを介してのキャッシュレスサービスですが、国民の大多数がスマートフォンを持つことができ、比較的インターネットインフラの水準が高い国々において、利便性の高さを誇るだけでなく、既存のキャッシュレスサービスの機能をも備えていることから、国内向けあるいは対応可能な国が限られる既存のキャッシュレスサービスとは、一線を画しています。

今後のキャッシュレスサービスの世界的なトレンドはQRコード決済に移行していくことが見込まれています。
この流れはスマートフォンの世界的な普及が何らかの形で途切れない限り、ほぼ間違いなく世界に波及していくはずです。

キャッシュレスサービス活用による集客効果

最も新しいキャッシュレスサービスであるQRコード決済を含め、キャッシュレスサービスの中には、キャッシュレスサービス提供各社がポイント還元をはじめとした、利用者向けのサービスを提供している場合があります。
キャッシュレスサービスを導入していれば、キャッシュレスサービスの提供各社による特典を目当てにキャッシュレスサービスを利用したい消費者の需要が見込めるでしょう。

もっとシンプルにキャッシュレスサービス自体の利便性の高さから、キャッシュレスサービスの導入が集客効果を生む事もあり得ます。
日本はキャッシュレスサービスの普及が遅いことで知られることから、観光客をターゲットにしている場合を除き、キャッシュレスサービスの導入によって、人件費を抑制し、商品やサービスの代金を下げることによる集客効果を狙った方が効果的かもしれません。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ